中国留学ビザ基本情報

中国留学にはビザが必要?

中国留学では、滞在期間が15日を超える場合ビザが必要となります。

・中国滞在期間が15日以内の人は不要

中国の滞在期間が15日以内の場合はビザの申請は必要ありません。ただし、現地での滞在延長申請はできませんので、ご留意ください。

・中国滞在期間が16日以上の人は必要

中国滞在期間が16日以上の方は、渡航前に大使館または領事館でビザの申請が必要となります。

中国留学で申請するビザの種類

中国留学では滞在期間によって、観光ビザ、訪問ビザ、短期留学ビザ、長期留学ビザの取得が必要となります。Lビザを個人申請する場合、中国の学校や友人からの招聘状(招待状)が必要となります。また、X2ビザX1ビザは、フルタイムで中国語を勉強する方に発行されます。語学学校への留学をお考えの方は、事前にビザ取得に関する情報を学校にご確認されることをおすすめします。

ビザの種類観光ビザ訪問ビザ短期留学ビザ長期留学ビザ
ビザタイプLビザFビザX2ビザX1ビザ
滞在期間30日以内180日以内180日以内181日以上

中国留学におけるビザの申請方法

16日以上の中国留学の場合、渡航前に日本に3か所ある中国ビザ申請センターまたは領事館でビザの申請を行います。申請方法や申請必要書類は変更されることがありますので、事前に最新の情報を中国駐日大使館のウェブサイト中国ビザ申請センターのウェブサイト等でご確認ください。

ビザの申請方法

1.中国ビザオンライン申請システムまたは中国ビザ申請サービスセンターのウェブサイトから、オンラインで電子ビザ申請書の入力を行い、来館予約をとる
2.中国ビザ申請センターまたは領事館で申請書類を提出する

ビザの申請に必要なもの

ビザの種類によって必要な書類が異なります。個人で観光ビザ、訪問ビザを申請する際は、中国の学校や友人からの招聘状(招待状)が必要となるため、事前に学校で発行してもらえるか確認されることをおすすめします。

観光ビザ(Lビザ)

・ビザ申請書(オンライン事前登録)
・パスポート
・証明写真(3×4㎝、背景白色)
・招聘状

訪問ビザ(Fビザ)

・ビザ申請書(オンライン事前登録)
・パスポート
・証明写真(3×4㎝、背景白色)
・入学許可書(録取通知書)の原本とコピー
・外国人留学生訪中ビザ申請表(JW201またはJW202表)の原本とコピー

短期留学ビザ(X2ビザ)

・ビザ申請書(オンライン事前登録)
・パスポート
・証明写真(3×4㎝、背景白色)
・外国人留学生訪中ビザ申請表(JW201またはJW202表)の原本とコピー
・入学許可書(録取通知書)の原本とコピー

長期留学ビザ(X1ビザ)

・ビザ申請書(オンライン事前登録)
・パスポート
・証明写真(3×4㎝、背景白色)
・外国人留学生訪中ビザ申請表(JW201またはJW202表)の原本とコピー
・入学許可書(録取通知書)の原本とコピー
・健康診断書(国立病院で受診したもの)

ビザの申請場所

日本に3か所ある中国ビザ申請センターで行います。ビザ申請センターの管轄地域外の方は、最寄りの領事館(長崎・福岡・札幌・新潟)で申請します。

中国ビザ申請センター(東京)

〒135-0063
東京都江東区有明3-7-26有明フロンティアビルB棟12階
申請受付時間:月曜日-金曜日の午前10時~午後3時
お支払いと受取時間:月曜日-金曜日の午前10時~午後3時
管轄地域:関東1都6県、長野県、山梨県、静岡県

中国ビザ申請センター(大阪)

〒541-0059
大阪市中央区博労3-3-7ビル博丈9階(旧ORE本町南ビル9階)
申請受付時間:月曜日-金曜日の午前9:00~午後3:00(緊急/特急申請は午前11:30まで)
お支払いと受取時間:午前9:00~午後4:00
管轄地域:近畿2府4県、中国・四国地方(山口県を除く)

中国ビザ申請センター(名古屋)

〒460-0003
名古屋市中区錦1-5-11名古屋伊藤忠ビル4階413号
申請受付時間:月曜日-金曜日の午前10時~午後3時(普通申請のみ受付)
お支払いと受取時間:午前10時~午後3時
管轄地域:東海3県、北陸3県

X1ビザ取得後、現地で必要な手続き

X1ビザで留学される方は、中国に入国してから30日以内に滞在地の地方人民政府公安機関出入境管理機構に居留許可の申請を行う必要があります。

関連記事

  1. 中国についてとりあえず知っておきたい基本情報

  2. 中国・北京で絶対に行くべき3大観光スポット