韓国留学ビザ基本情報

韓国留学にはビザが必要?

韓国留学では、滞在期間が90日を超えるかどうかでビザの要不要が分かれます。

・韓国滞在期間が90日以内の人は不要

韓国の滞在期間が90日以内の場合はビザの申請は必要ありません。

・韓国滞在期間が91日以上の人は必要

韓国滞在期間が91日以上の方は、ビザの申請が必要となります。ただし、90日以内に韓国へ入国・出国を繰り返せば、ビザなしでも韓国に長期滞在が可能です。よって、頻繁に日本に一時帰国する方は、必ずしもビザを取る必要はありません。また、ビザなしで入国されても、現地の出入国管理事務所で一般研修ビザへの変更手続きを行うことが可能です。ワーキングホリデービザは、現地申請ができません。渡航前に申請が必要です。

韓国留学で申請するビザの種類

韓国留学で申請するビザは、語学学校での語学留学の方は一般研修ビザ、大学・大学院などへ正規入学される方は留学ビザとなります。

ビザの種類一般研修ビザ
(D-4ビザ)
留学ビザ
(D-2ビザ)
観光就業ビザ(H-1ビザ)
(ワーキングホリデービザ)
滞在期間6ヶ月~1年
(現地で1年6ヶ月まで延長可能)
2年間1年間
学校/就学条件大学語学堂への語学留学、
2学期(6ヶ月)以上
大学・大学院・専門学校などで
正規入学、交換留学など
最長1年間(4学期)
就労条件平日20時間以内
(「資格外活動許可」の取得必要)
平日20時間以内、
大学院生は週30時間以内
(「資格外活動許可」の取得必要)
制限なし

・「資格外活動許可」は出入国管理事務所で取得できます

韓国留学における一般研修ビザ(D-4ビザ)の申請方法

住民票のある地域を管轄する大使館・領事館へ必要書類を提出し申請します。申請条件や必要書類、申請受付時間は大使館・領事館によって異なりますので、ホームページなどで事前に必ずご確認ください。

一般研修ビザ(D-4ビザ)の申請場所

管轄の駐日大使館(東京)または領事館(大阪、札幌、仙台、新潟、横浜、名古屋、神戸、広島、福岡)で申請します。

         

公館名とHPへのリンク管轄地域
駐日韓国大使館東京都、千葉県、埼玉県、栃木県、群馬県、茨城県
駐大阪韓国総領事館大阪府、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県
駐札幌韓国総領事館北海道
駐仙台韓国総領事館青森県、秋田県、岩手県、山形県、福島県、宮城県
駐新潟韓国総領事館長野県、新潟県、富山県、石川県
駐横浜韓国総領事館神奈川県、静岡県、山梨県
駐名古屋韓国総領事館愛知県、三重県、福井県、岐阜県
駐神戸韓国総領事館兵庫県、鳥取県、岡山県、香川県、徳島県
駐広島韓国総領事館島根県、広島県、山口県、愛媛県、高知県
駐福岡韓国総領事館福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

一般研修ビザ(D-4ビザ)の申請に必要なもの

・ビザ発給申請書(韓国大使館・各領事館のホームページからダウンロード)
・証明写真(3.5cm×4.5cm、背景白色)
・パスポート原本とコピー
・住民票(全て記載、3ヶ月以内に発行したもの)
・在学証明書または最終学歴証明書の原本
・学校の事業登録証の写しまたは固有番号証のコピー
・学校の入学許可書
・残高証明書($5,000程度、必要残高は領事館により異なる)
・学習計画書(講義時間表、講師構成表、研修施設など)
・身元証(要不要は領事館により異なる)
・ビザ申請料は無料

韓国留学におけるワーキングホリデービザ(H-1ビザ)の申請方法

一般研修ビザと同様、渡航前に管轄の大使館・領事館へ必要書類を提出し申請します。ワーキングホリデービザ(H-1ビザ)の申請は通年受け付けています。申請条件や必要書類は変更されることもあり、また、申請受付時間は大使館・領事館によって異なりますので、最新の情報を大使館・領事館のホームページなどで必ずご確認ください。

ワーキングホリデービザ(H-1ビザ)の申請条件

・日本に居住する日本国民であること
・申請時に18歳以上30歳以下であること
・滞在期間中の生計維持に十分な資金(30万円以上)があること
・犯罪経歴がないこと
・観光が主な目的であること
・以前に韓国ワーキングホリデー制度を利用していないこと
・扶養家族などを同伴しないこと

ワーキングホリデービザ(H-1ビザ)の発給定員と申請料

ビザ発給定員は年間10,000人で、申請は通年受け付けています。また、申請料は無料です。

ワーキングホリデービザ(H-1ビザ)の申請方法と申請場所

一般研修ビザと同様、管轄の駐日大使館(東京)または領事館(大阪、札幌、仙台、新潟、横浜、名古屋、神戸、広島、福岡)で申請します。

ワーキングホリデービザ(H-1ビザ)の申請に必要なもの

・ビザ発給申請書(韓国大使館・各領事館のホームページからダウンロード)
・証明写真(3.5cm×4.5cm、背景白色)
・パスポート原本とコピー
・往復航空券のコピー
・在学証明書または最終学歴証明書の原本
・残高証明書(30万円以上)
・渡航日程および活動計画書(書式自由、英語または韓国語で記入)
・身元証(要不要は領事館により異なる)

ビザ取得後、現地で必要な手続き

韓国では90日以上滞在する場合、入国してから90日以内に外国人登録をしなければなりません。外国人登録は、居住地の管轄の出入国管理事務所で行います。

関連記事

  1. 韓国・ソウルで絶対に行くべき3大観光スポット

  2. 韓国についてとりあえず知っておきたい基本情報