タイ留学ビザ基本情報

タイ留学にはビザが必要?

タイ留学では、滞在期間が30日を超えるかどうかでビザの要不要が分かれます。

・タイ滞在期間が30日以内の人は不要

タイの滞在期間が30日以内の場合はビザの申請は必要ありません。ただし、タイ入国時にパスポートの有効期限が6ヶ月以上あり、復路の航空券を所持していることが条件となります。

・タイ滞在期間が31日以上の人は必要

タイ滞在期間が31日以上の方は、教育ビザ(ノンイミグラントED)の取得が必要です。

タイ留学で申請する教育ビザの種類と申請料

シングルエントリー:90日間 9,000円
マルチエントリー:360日間 22,000円

タイ留学における教育ビザの申請方法

大使館・領事館に来館予約を行い、必要書類を提出し、申請します。申請場所によって必要書類、申請受付時間などが異なることがありますので、事前に各大使館・領事館のウェブサイトなどでご確認ください。

教育ビザの申請場所と申請受付時間

在東京タイ王国大使館

〒141-0021
東京都品川区上大崎3-14-6
ビザ申請時間:平日午前9:00~午前11:30

タイ王国大阪総領事館

〒541-0056
大阪府大阪市中央区久太郎町1-9-16バンコック銀行ビル4階
ビザ申請時間:平日午前9:30~午前11:30

タイ王国名古屋名誉総領事館

〒463-0003
愛知県名古屋市中区錦3-6-29興和ビル1F
・愛知県、岐阜県に住民登録があり、教育ビザ(ノンイミグラントED)で国立大学へ留学される方のみ申請可能です
ビザ申請時間:平日午前10:00~午前11:30

教育ビザの申請方法

1.ビザ申請オンライン事前予約(VABO)にアクセスし、来館予約をとる
2.予約日時に大使館または領事館にて申請書類を提出する

教育ビザの申請時に必要なもの

・パスポート原本(有効期限が6ヶ月以上、査証欄の余白部分が2ページ以上あるもの)
・申請書(Application for VISA)(大使館のウェブサイトからダウンロード)
・カラーの証明写真(サイズ3.5c,×4.5cm、申請書に貼付け)
・経歴書(Personal History)(大使館のウェブサイトからダウンロード)
・タイの入学許可書および招聘状原本(Confirmation letter/Invitation letter)
・日本の教育機関の英文推薦状原本(Recomendation letter)(日本の教育機関のレターヘッド入りの用紙に、申請者名、滞在目的、入国日、滞在期間、希望のビザの種類、責任者の直筆署名と公印を含むもの)
・申請者または保護者の預金残高証明書
・20歳未満の学生の場合:1.戸籍謄本、2.保護者の英文身元保証書(Guarantee Letter)原本(大使館のウェブサイトからダウンロード)と保護者の直筆署名入りの旅券または免許証のコピー
・私立の語学学校への留学の場合:私学教育委員会などタイの所轄省庁発行の申請者名入り承認状
・航空券または予約確認書コピー(申請者名、便名、タイ入国日が記載されたもの)

教育ビザ取得後、現地で必要な手続き

リエントリーパーミット(再入国許可)

タイ入国時にシングルビザで入国された方は、周辺国への旅行などでタイを出国するとビザが無効になりタイに再入国できなくなってしまいます。旅行などでタイ国外に出られる場合は、事前に入国管理局でリエントリーパーミット(再入国許可)を取得しておくと再入国が可能となりますので、忘れずに手続きしておきましょう。

90日レポート

タイに連続して90日以上滞在される方は、滞在90日ごとに入国管理局で現住所の確認などの報告が必要です。申請を怠った場合、2000バーツの罰金が課せられます。ただし90日以内にタイ国外へ出国した場合は滞在日数がリセットされ、再入国した時点から90日を数え直して90日目に届け出ることになります。

関連記事

  1. タイ・バンコクで絶対に行くべき3大観光スポット

  2. タイについてとりあえず知っておきたい基本情報

自分に合った留学エージェントを探す

ヨーロッパ圏英語留学国

  1. イギリス
  2. マルタ
  3. アイルランド

英語以外の言語留学国

  1. イタリア
  2. フランス
  3. スペイン
  4. ドイツ