CES ロンドン ウィンブルドン: ロンドンの中でもコストパフォーマンスが高いと定評のCES

CES イギリス ロンドン ウィンブルドン校とは?

CESのロンドン校はロンドンの南西部のウィンブルドンに位置しています。
ウィンブルドンということでテニスのアクティビティなども楽しむことができます。


学校概要
ロンドン ウィンブルドンの観光・学校の雰囲気
授業の雰囲気
学校のツアー

学校基本情報

語学学校名 CES (Centre of English Studies), London, Wimbledon
住所
電話番号
Nelson House, 271 Kingston Rd, London SW19 3NW, United Kingdom
+44 20 8543 5150
創業 1979年
規模 200人
滞在先 寮、ホームステイ、ホテル
1クラス生徒人数 平均8名(最大14名)
レベル分け 6段階
学校設備 PCルーム、フリーWi-Fi、学生ラウンジ、中庭、ホームステイ、自習室
ネット環境 フリーWi-Fi、生徒用PCあり
入学日 土曜、日曜

国籍比率(日本人比率)

イタリア15%、スペイン語圏12%、ドイツ10%、日本6%、その他57%
※時期により異なりますので目安としてください。

CES ロンドン ウィンブルドン国籍比率

年代比率(平均年齢)

CES ロンドン ウィンブルドンの最低受講年齢は16歳
※時期により異なりますので目安としてください。

授業種類、費用

CES
週あたり費用
週レッスン数2-4週5−11週12-23週24-35週36+週
General English20£210£199£193£188£181
Intensive English30£295£283£277£267£261
資格試験(IELTS)30£295£283£277£267£261
資格試験(Cambridge)30€1,180
4週
€2,264
8週
-

General English

1週間から学ぶことができ、毎週月曜日から英語力に関係なく入学ができます。
授業内容はSpeaking, Writing, Reading, Listeningの4技能をまんべんなく総合的に学んでいきます。

CES Online Learning Platformを活用して授業以外の時間も学習を進めることができます。
授業後にも観光や自分の時間を使いたいという方におすすめです。

Intensive English

General Englishに火曜〜木曜に午後授業を追加で受講することができます。
午後の授業はよりSpeaking、実践的なコミュニケーションにフォーカスした内容になっています。

留学期間が短い場合、よりSpeakingに集中したい方にはおすすめです。

資格試験コース

各種資格試験を集中的に学び、有効的にスコアを目指すコースです。
ロンドン校ではIELTS, Cambridgeコースが提供されています。

時間割例

CES
時間
授業詳細
9:00 ~ 11:00Lessons
11:00 - 11:20休憩
11:20 - 13:00LessonsGeneralはここまで
13:00 - 14:00 お昼
14:00 - 16:00LessonsIntensive
火、水、木のみ

滞在先種類、費用

CES London
滞在タイプ
部屋人数食事Bathroom週当たり費用High Season
7月〜8月
ホームステイTwin朝、夕食Share£158+£20
ホームステイSingle朝、夕食Share£190+£20
Single自炊Private£330+£10
その他費用CES London
入学金£55
滞在先手配費£60
空港送迎£120
海外送金手数料留学エージェントによって異なります

CES オックスフォード: 人気都市のオックスフォードながら、小規模クラスで集中して学べるCES

CES イギリス エジンバラ: エジンバラを観光しながらも、アットホームな環境で学ぶならCES

CES イギリス ワージング: ロンドンから遠すぎず、海がすぐ近くの場所で学ぶならCESワージング校

CES イギリス ハロゲート: 小規模な環境で資格試験に集中するならCESハロゲート校

CES イギリス リーズ: 小規模な落ち着いた環境でIELTSを学ぶならCESリーズ校



この学校を見た人は、こんな学校も見ています

  1. Linguaviva Dublin

    Linguaviva アイルランド ダブリン: 小規模で落ち着いて学ぶことができる年齢層高めのリンガビバ

  2. CES イギリス エジンバラ: エジンバラを観光しながらも、アットホームな環境で学ぶならCES

  3. OHC オーストラリア メルボルン: 中規模ながら日本人比率が低い英語に集中できるOHCメルボルン校

  4. Kaplan アメリカ フィラデルフィア: 歴史的な都市フィラデルフィアで他にはない留学経験

  5. Eurocentres / Oxford International カナダ バンクーバー: 快適な環境でしっかりと英語力を高める

  6. am マルタ校: 日本人比率の低いアットホーム環境ならam