オーストラリア留学ビザ基本情報

オーストラリア留学にはビザが必要?

オーストラリア留学では、短期の滞在であっても、渡航前にビザの取得が必要となります。ただし、大使館へ出向くなどの面倒な手続きはなく、オンラインで全ての手続きが完了します。

オーストラリア留学で申請するビザの種類

オーストラリア留学では、3ヶ月以内の短期留学の場合「ETAS(イータス)」、3ヶ月以上の長期留学の場合は「学生ビザ」の取得が必要です。また、ワーキングホリデービザも申請が必要となります。

ビザの種類 観光ビザ 学生ビザ ワーキングホリデービザ
英語表記 ETAS
(Electronic Travel Authority)
Student Visa Working Holiday Visa
サブクラス 601 500 417
最大滞在期間 3ヶ月 学校が許可する期間
(コース期間+1~2ヶ月)
12ヶ月
就学期間 12週間 指定なし 17週間
就労条件 就労不可 2週間で40時間まで ※フルタイムで12ヶ月
申請方法 オンライン オンライン オンライン
申請費用 $20 $620 $485

※(ただし、同一雇用主につき、最長6ヶ月まで)

オーストラリア留学におけるビザの申請方法は?

申請条件と注意点

「ETAS」

【注意点】
・オーストラリア国内からの申請はできないため、必ず渡航前に申請を行いましょう。オンラインで申請後、通常1日以内に発給されます

「学生ビザ」

・オーストラリア政府の認定校(CRICOS認定校)においてフルタイムのコース(週25時間以上)を受講すること
・就学予定の学校から入学許可証を受領していること
・滞在中の資金が十分にあること
・心身ともに健康なこと
【滞在時の注意点】
・80%以上の出席率を保つことが重要です。80%を満たせない場合、ビザがキャンセルされることがありますのでお気をつけください。

「ワーキングホリデービザ(1年目)」

・日本国籍を有していること
・ビザ申請時に18歳以上30歳以下であること
・心身ともに健康であること
・過去にワーキングホリデーでオーストラリアに入国したことがないこと
・滞在費として$5,000(400,000円)程度の資金と、帰国時航空券を購入できる資金を所持していること
・扶養する子供を同伴しないこと
※オーストラリアのワーキングホリデービザは定員がないため、条件に該当していれば、抽選などなく取得できるビザとなっています
「セカンドワーキングホリデービザ」
一定の条件(地方の指定地域で3ヶ月以上のファームワークなど)を満たせば、2回目のワーキングホリデービザを申請でき、最長3年間ワーキングホリデーでの滞在が可能となります

申請時期

「ETAS」1ヶ月前くらい~渡航前までに
「学生ビザ」
日本国内から:コース開始日より4ヶ月前(124日前)から受付
オーストラリア国内から:コース開始日より3ヶ月前(93日前)から受付
「ワーキングホリデービザ」通年受付

申請に必要なもの

「ETAS」
・パスポート
・クレジットカード
「学生ビザ」
・パスポート
・海外留学生健康保険(OSHC)
・クレジットカード
「ワーキングホリデービザ」
・パスポート
・クレジットカード

申請費用

「学生ビザ」:$620
「ワーキングホリデービザ」:無料

申請手順

「ETAS」

オーストラリア移民局のETAS申請サイト(日本語表記あり)から申請します
1.ETAS申請サイトにアクセスし、申請書を作成する
2.オンライン決済(クレジットカード)でビザ申請料を支払う

「学生ビザ」「ワーキングホリデービザ」

オーストラリア移民局のImmiAccountからオンラインで申請します
1.ImmiAccountのページにアクセスし、アカウントを作成する
2.ImmiAccountにログインし、ビザ申請書を作成する
3.必要書類(パスポートと残高証明書)をアップロードする
4.オンライン決済(クレジットカード)でビザ申請料を支払う
5.ワーキングホリデービザの場合、審査結果の確認を行う

ビザ取得までの日数

「ETAS」:通常1日以内
「学生ビザ」:2週間から3週間ほど
「ワーキングホリデービザ」:通常1日以内、まれに1ヶ月程度かかることがあります

関連記事

  1. australia

    オーストラリアについてとりあえず知っておきたい基本情報

  2. sydney

    オーストラリア・シドニー行くべき3大観光スポット