【2月18日更新】イギリス留学コロナウイルスCovid-19最新状況

イギリスの新型コロナウイルス関連情報についてまとめています。随時更新してまいりますので、イギリス留学をお考えの方はご参考になさってください。

実際、いま留学のためにイギリスに入国できるのか?

現在、留学のためにイギリスへ入国することは可能です。ロックダウンで学校の授業は全てオンラインになっていますが、3月8日より学校が再開される予定です。
・イギリスに渡航される方は、渡航前72時間以内に受けたPCR検査の陰性証明の提示と到着後10日間の自己隔離が義務付けられています。
◉2月15日より、イングランドへ渡航される方は、渡航前72時間以内に受けたPCR検査の陰性証明、10日間の自己隔離に加え、自己隔離期間中に原則2回のPCR検査受診(自己負担)が必要となっております。特に以下(1)(2)の追加事項にご留意ください。
(1) 旅行検査パッケージの予約
旅行検査パッケージ(210ポンド)を予約し、入国後原則2日目と8日目に検査の受診が必要です。8日目の検査で陰性が結果が出ると、隔離を10日間で終了することができます。この検査を受けない場合、最大2,000ポンドの罰金が課されます。
(旅行検査パッケージの予約は、リンク先から申し込むことができます。)
(2) 乗客追跡フォームの提出
イングランドへの到着前の48時間以内に、行程、連絡先、隔離場所などの情報と旅行検査パッケージの予約番号を乗客追跡フォーム(passenger locator form)に入力する必要があります。
(詳細はリンク先をご覧ください)
英国到着の直近10日間の訪問国に関する正確な情報を提供しない場合、罰金、禁固刑、又はそれらの両方を課される可能性があります。また、隔離に関する規則に違反した場合、最大1万ポンドの罰金が課されますのでご留意ください。
入国後は全国的なロックダウンルールの遵守が求められますのでリンク先をご覧ください。
◉2月15日より、スコットランドへ渡航される方は、渡航前72時間以内に受けたPCR検査の陰性証明の提出に加え、政府指定の宿泊所における10日間の強制隔離が必要となっておりますのでご留意ください。詳細はスコットランド政府のウェブサイトをご覧ください。
※イギリスへの渡航をお考えの方は、渡航前に在英国日本国大使館のウェブサイトで詳細をご確認ください。

新規感染者数

UK新規感染者数2021.2.18
※データはGoogle統計結果を参照しています。

概要

・2月22日、英国政府はイングランドにおけるロックダウン緩和に向けたロードマップを発表しました。4つのステップからなり、学校再開についてはステップ1に含まれます。詳細はリンクにてご覧ください。
・イギリスの新型コロナウイルス最新情報は、外務省海外安全ホームページでご確認できます。

関連記事

  1. england

    イギリスについてとりあえず知っておきたい基本情報

  2. イギリス留学ビザ基本情報

  3. london

    イギリス・ロンドンで絶対に行くべき3大観光スポット