アイルランド留学ビザ基本情報

アイルランド留学にはビザが必要?

留学期間が3ヶ月を超えるかどうかでビザの要不要が分かれますが、基本的に現地でのビザ申請になりますので、日本での手続きは必要ありません。ワーキングホリデービザの場合は、募集期間が決まっていますので、早めに調べておきましょう。

・アイルランド滞在期間が90日以下の人は不要

90日以内の短期留学の場合は、ビザの申請手続きをする必要はありません。入国する際、帰りの航空券の提示を求められますが、航空券を持っていなくても、残高証明書や十分な現金を持っていれば問題ありません。

・アイルランド滞在期間が91日以上の人は「学生ビザ」が必要

91日以上、約3ヶ月以上のアイルランド留学の場合は、現地で「学生ビザ(Dビザ)」の申請が必要となります。 語学学校で基本的にはサポートしてもらえますので、現地到着後できるだけ早く、学校のオフィスにビザの申請希望を伝え、必要書類などの準備と確認を行いましょう。

・アイルランドに長期滞在(最長1年)して、観光、語学学校、お仕事など自由に楽しみたい方には「ワーキングホリデービザ」

申請時に18歳以上30歳以下の方でアイルランドに長期滞在してより自由度の高い生活を楽しみたい方には、「ワーキングホリデービザ」の取得がおすすめです。

現地での「学生ビザ」の申請方法は?

入国の際にパスポートに押されるスタンプの期限は、90日間です。3ヶ月以上留学する場合は、捺印されたスタンプの期限までに、イミグレーションオフィスまたは警察署で外国人登録を行い、学生ビザの申請(スタンプの切り替え)をする必要があります。

申請場所

ダブリンですとイミグレーションオフィス(Burgh Quay Immigration Registration Office)で、それ以外の地域では管轄の警察署(Garda)で外国人登録(IRP登録)を行います。(INISのウェブサイトから最新の情報をご確認されることをおすすめします。)
ダブリン滞在の場合、事前にINISのウェブサイトからオンラインで予約をとっておく必要があります。予約が取りにくいですので、入国後できるだけ早く予約をとりましょう。ダブリン以外に滞在される方は、GNIBのウェブサイトから最寄りの警察署を探し、外国人登録を行いましょう。予約が必要な場合もありますので、事前にご確認されることをおすすめします。

申請に必要な書類は?

・パスポート
・入学許可証
・住所を証明するもの
・英文残高証明書(ユーロ建てで€3,000以上を目安に作成、有効期限の点から、日本出発前1ヶ月を切ってからの発行をお勧めします。)
・医療保険加入証明
・申請料€300(約40,000円)をカードで支払います(現金払い不可です)

IRPカード(旧GNIBカード)

申請手続きが完了すると、パスポートに新しいスタンプが押されます。その際、名前や顔写真、ビザの種類が表記されたIRPカードが発行されますので、大切に保管しましょう。このIRPカードに示されるビザの種類は、学生ビザの場合は、Stamp 2A、ワーキングホリデービザの場合はStamp 1に分類されます。

滞在可能期間は?

語学学校への留学の場合は、8ヶ月まで滞在が可能です。この8ヶ月というのは、アイルランドでは、6ヶ月(25週以上)語学学校に通うと、2ヶ月のホリデーという期間が与えられるためです。学生ビザは基本的に語学学校で勉強していなければならないのですが、このホリデー期間は学校に行かなくてもよく、観光や就労が可能です。さらに、2回までビザの延長ができるため、最長2年間の滞在が可能です。
大学・大学院に通われる場合は、1年毎の更新で、最長7年の滞在が可能となります。いずれの場合も、政府認定の学校でフルタイム(週15時間以上)の授業を受ける必要があります。

「ワーキングホリデービザ」ってどうやって申請するの?

申請時に準備するものは、アイルランド大使館のホームページからダウンロードできる申請書類1通メールで提出して結果を待つだけです。

申請条件

・現在日本に居住していること(申請時を含む)
・一定期間(最長1年)アイルランドにて休暇を過ごすことを本来の目的とすること
・申請書受理時点で年齢が18歳以上30歳以下であること
・扶養家族(配偶者含む)を同伴しないこと。配偶者に申請資格がある場合は、それぞれ申請することが可能です。
・有効なパスポートと帰国用航空券、または、それが購入できる十分な資金を保持していること
・アイルランド滞在中の生活に必要な資金として50万円以上あること
・以前「ワーキング・ホリデープログラム」でアイルランドへ渡航した経験がないこと
・健康かつ、犯罪歴がないこと
・滞在期間をカバーする医療保険に加入すること

募集人数と申請時期

募集人数は800人です。年2回の募集(例年1月と7~8月)があり、渡航予定時期によって申請受付期間が決まっています。申請時期は年によって変わりますので、最新情報はアイルランド大使館のホームページで確認しましょう。

申請方法と申請書

アイルランド大使館のホームページから申請書をダウンロードし、必要事項を英語で記入のうえ、添付ファイルでアイルランド大使館指定のメールアドレスに送ります。

申請が許可された後に準備、郵送するもの

申請許可はE-mailにて送られてきます。許可が下りましたら、下記必要書類を書留にて指定先に郵送します。

・申請許可のE-mailを出力したもの
・申請書(申請時に作成、提出したものを出力したもの)
・写真2枚(6ヶ月以内に撮影されたパスポートサイズのもの)
・パスポート原本(有効期間は滞在期間+6ヶ月以上必要です)
・パスポートのコピー(顔写真のページとスタンプが押印されているページ)
・英文履歴書(書籍などで紹介されている簡易なものでA4サイズ1枚程度)
・英文卒業証明書または英文在籍証明書(英文原本とコピー1枚)
・英文残高証明書(利用している金融機関にてユーロ建てで50万円以上を目安に作成、本人名義の英文の残高証明書)
・医療保険証券または付保証明(滞在期間をカバーするもの、英文原本とA4コピー1枚)
・航空券(原本とA4コピー1枚、Eチケット、予約確認書でも大丈夫です。)
・補足申請フォーム、申請料振込控え(申請許可がおりた際に案内があります)
・返信用レターパック510(ご自身の住所、氏名を記載したもの)

申請費用と支払い方法

申請費用は13,800円です。※申請費用は予告なしに変更される場合があります。
支払い方法については、申請許可がおりた際に案内があります。

ワーキングホリデービザでアイルランド入国後に必ずしなければならないこと

3ヶ月以上滞在する場合、必ず外国人登録(IRP登録)を行う必要があります。ダブリンですとイミグレーションオフィス(Burgh Quay Immigration Registration Office)で、それ以外の地域では管轄の警察署(Garda)で外国人登録(IRP登録)を行います。(念の為、INISのウェブサイトから最新の情報をご確認されることをおすすめします。)

必要な書類は?

・パスポート
・ワーキングホリデー発給許可証
・住所が確認できるもの
・申請料€300(約40,000円)をカードで支払います(現金払い不可です)

関連記事

  1. dublin

    【アイルランド留学前のパスポート更新編】有効期限が一年以上ある時必要な3つの書類

  2. window

    世界で最も美しい図書館、ダブリンのトリニティカレッジ図書館とケルズの書が本当に凄い!

  3. toilet

    なかなか聞けないけど気になる、アイルランドのトイレ事情

  4. do not panic

    女子の気になる!どうする?《硬水地域での美容事情!!!》

  5. image of ireland

    実はこんなところが違う!日本とアイルランドの文化の違い!

  6. ireland

    現地の保育士に聞いた!!アイルランドの保育事情まとめ

  7. ireland

    アイルランド留学必須!GNIB体験談、行くなら空腹は避けるべし!

  8. fishing

    アイルランドの釣り事情、どんな魚が釣れるのか?

  9. IRL新規感染者数2021.9.9

    【9月9日更新】アイルランド留学コロナウイルスCovid-19最新状況