イタリア留学ビザ基本情報

イタリア留学にはビザが必要?

イタリア留学では、留学期間が90日を超えるかどうかでビザの要不要が分かれます。

・イタリア留学期間が90日以下の人は不要

90日以内(3ヶ月まで)の短期留学の場合は、ビザの申請は必要ありません。ただし、イタリアはシェンゲン協定加盟国ですので、イタリア入国前後にヨーロッパ旅行の計画がある場合、旅行の日数と学校の受講期間の合計が90日を超えないように注意しましょう。

シェンゲン協定とは?

加盟しているヨーロッパ国々の間において、出入国審査なしで国境を超えることを許可している協定。シェンゲン協定圏内での滞在可能日数はトータルで90日以内。シェンゲン協定加盟国は以下の26カ国です。
オーストリア、ベルギー、チェコ、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、イタリア、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス
※イギリス、アイルランドなど加盟していないヨーロッパの国もあります。

・イタリア留学期間が91日以上の人は必要

91日以上の長期留学の場合は、渡航前に大使館でビザの申請が必要となります。

イタリア留学で申請するビザの種類

イタリア留学では、91日以上の長期留学の場合は就学ビザの取得が必要です。就学ビザは語学学校、大学、大学院などに通う方のためのビザで、有効期限は1年間です。就学ビザでイタリア入国後、滞在許可証の申請が必要となります。

イタリア留学における就学ビザの申請方法

91日以上のイタリア留学の場合、渡航前に日本のイタリア大使館(東京)またはイタリア総領事館(大阪)で就学ビザの申請を行います。申請方法や申請必要書類は変更されることがありますので、最新の情報を在東京イタリア大使館在大阪イタリア領事館のウェブサイトにてご確認ください。

就学ビザの申請時期

ビザは出発の90日前から申請できます。審査には時間がかかりますので、遅くとも出発の3週間前までに申請してください。

就学ビザの申請場所

住民票のある場所により、管轄が異なります。

・在東京イタリア大使館

〒108-0073東京都港区三田2-5-4
ビザセクションの受付時間:月曜日-金曜日の午前9:30-午前11:30

在東京イタリア大使館の管轄

青森県、秋田県、千葉県、福島県、群馬県、北海道、茨城県、岩手県、神奈川県、宮城県、新潟県、長野県、埼玉県、静岡県、栃木県、東京都、山形県、山梨県

・在大阪イタリア総領事館

〒530-0005大阪市北区中之島2-3-18中之島フェスティバルタワー17階
ビザセクションの受付時間:月曜日-金曜日の午前9:30-12:30

在大阪イタリア総領事館の管轄

愛知県、愛媛県、福井県、福岡県、岐阜県、広島県、兵庫県、石川県、香川県、鹿児島県、高知県、京都府、熊本県、三重県、宮城県、長崎県、奈良県、岡山県、沖縄県、大分県、大阪府、佐賀県、滋賀県、島根県、徳島県、鳥取県、富山県、和歌山県、山口県

就学ビザの申請に必要なもの

・ビザ申請用紙(長期タイプD。下記ウェブサイトからダウンロードできます。大使館と総領事館で申請用紙が異なります。)
在東京イタリア大使館ウェブサイト
在大阪イタリア総領事館ウェブサイト
・パスポートサイズの証明写真(背景白色、申請用紙に貼付けること)
・パスポート(帰国予定日より3ヶ月以上の有効期間と未使用ページが2ページ以上残っているもの)
・パスポートメインページのコピー
・住民票(1週間以内に取得したもの)
・滞在先の住居に関する証明書(賃貸契約書、寮などの入居証明書、ホームステイ先からの受入承諾書など。貸主の電話、メールアドレスが明記されているもの)
・資産証明
[自己資金の場合]本人名義の銀行口座(過去6ヶ月にわたり安定した資産状況が確認できるもの)の通帳とその6ヶ月分のコピー(できるだけ前日に記帳し、コピーを取ってください)
[親などの保証人が資金提供する場合]所定の保証書、実印登録証明書、保証人名義の銀行口座(過去6ヶ月にわたり安定した資産状況が確認できるもの)の通帳とその6ヶ月分のコピー、およびパスポートのコピー
[奨学金を受給している場合]奨学金発給証明書
・入学許可証(授業内容、レベル、授業時間数、期間が明記されているもの。レターヘッドに印刷し、校長の署名のある正式なもの。※週20時間以上の授業を受講するという記載が必ず必要です。)原本とコピー
・教育監督局(州など)の認可を受けていることを証明する書類、または学校の経営母体の会社が登録している商工会議所の登記簿謄本の原本とコピー
・学校への支払いが完了していることを示す書類
・海外傷害保険の契約書(滞在の全期間をカバーする、医療費の項目が無制限もの)と付帯証明書(英語またはイタリア語)の原本とコピー
・戸籍謄本(大阪の総領事館で申請される方のみ)
・申請料は無料です

就学ビザの申請方法

1.在東京イタリア大使館または在大阪イタリア総領事館のオンライン予約サイトで来館予約をとる
2.在東京イタリア大使館または在大阪イタリア総領事館で申請書類を提出する

イタリア入国後に必要な手続き

イタリア入国後8日以内に、滞在許可証(Permsso dii soggiorno)の申請が必要となります。郵便局の窓口で滞在許可申請書類一式(Kit)を入手し申請手続きを行います。その際、日本で就学ビザ取得の際に揃えた書類一式が必要となります。その後送られてくる書留の記載日時に警察での指紋採取を行い、滞在許可が下りましたら再度警察署に出向き滞在許可証を受け取ることができます。

関連記事

  1. イタリア・ローマで絶対に行くべき3大観光スポット

  2. イタリアについてとりあえず知っておきたい基本情報

  3. イタリアの大学の授業とテストって。。。

  4. roma

    留学生のアルバイトとは?イタリア留学中ローマで働き始めた話

  5. street in italy

    留学先どこにする?私がイタリアを選んだ理由大公開!!!

  6. fiatt

    イタリア留学者必読?イタリア留学の持ち物を大公開!!!

  7. italy

    ちょっとコンビニで…は通用しない!?イタリア留学生活で驚いたこと

  8. italy

    日本では体験できない!?イタリア留学中の失敗談と事件談 

自分に合った留学エージェントを探す

ヨーロッパ圏英語留学国

  1. イギリス
  2. マルタ
  3. アイルランド

英語以外の言語留学国

  1. イタリア
  2. フランス
  3. スペイン
  4. ドイツ