EV フィリピン セブ: セブの中でキレイな校舎&スパルタと言えばEV

EV Academyとは?

EV ACADEMY(イーブイ・アカデミー)と言えば、セブの中ではEVから予約が埋まっていくと言われるほど人気の学校となっており、学校の綺麗さ、そしてスパルタの2つで有名な学校です。

①他の学校にはないフランス人校長がデザインしたおしゃれ、そしてキレイな学校
ヨーロッパはフランス出身の校長先生が取り組んだそのEVの設備、学校は高い満足度を構成する1つの大きな要素となっています。フィリピンはスパルタな留学スタイルとなっているため、滞在設備が整っていないとストレスが溜まってしまいます。

②スパルタと言えばEV
学校のキレイさだけでなく、英語力のためにそのスパルタ具合でも有名な学校です。あまりスパルタなスケジュールはちょっとついていけないかも、という方にはセミスパルタのコースを選ぶこともできるので安心です。

レビュー

4.2
4.2 rating
4.2 out of 5 stars (based on 75 reviews)
Excellent36%
Very good48%
Average16%
Poor0%
Terrible0%

QcueZでのレビューに加え、EducationStars、my language travelなど世界のレビュー評価を統合することで、日本人以外の評価も含めた総合的なレビューとして示しています。


日本人留学生インタビュー
韓国人留学生インタビュー
EVで働いている人々
EVを写真で知る

学校基本情報

語学学校名 EV (EXECUTIVE VILLAGE TUTORIAL OF FLUENT ENGLISH CORPORATION)
住所
電話番号
Governor Cuenco Avenue, Nasipit, Talamban Cebu City 6000, Philippines
+63-32-505-3201(3202)
経営資本 韓国
創業 2004年
規模 300人
寮種類 内部寮(1,2,3,4人部屋)
食事 休日含め1日3食
洗濯/掃除 週2回(無料)/ 週2回(無料)洗濯代は別途支払が必要となる予定
お部屋設備 冷蔵庫、温水器、ベッド、クローゼット、セキュリティボックス
机、スタンド、コンセント
学校設備 自習室、食堂、売店、カフェ、
ジム、プール、シアタールーム、キッズルーム、ビリヤード台、卓球台
ネット環境 お部屋内:なし
学校内:共有エリア(ロビー、カフェ、プール周辺)のみ
門限 スパルタコース:月~木:外出禁止
セミスパルタコース:17-22時まで外出可
入学日 チェックイン日曜、チェックアウト土曜

国籍比率(日本人比率)

日本31%、台湾26%、韓国、22.5%、中国10%、ベトナム9.5%以下
※時期により異なりますので目安としてください。
EV セブ 国籍比率

年代比率(平均年齢)

20〜29 70%、30〜39 14%、10〜19 10%、40〜49 3%、50〜 2%
※時期により異なりますので目安としてください。

授業種類

 マンツーマングループ1:4グループ1:8早朝夜間授業
Intensive4コマ2コマ2コマあり
IELTS Guarantee4コマIELTS用グループ
2コマ
あり
ESL Classic4コマ2コマ2コマなし
資格試験(TOEIC, IELTS)4コマ2コマ2コマなし
Power Speaking 66コマ1コマ1コマなし
Power Speaking 88コマなし

EVの授業はまずスパルタ、セミスパルタで大きく2つに分かれます。
スパルタは基本平日は外出ができず、早朝、夜間の授業があります。
セミスパルタは逆に平日も外出が可能、早朝や夜間の授業はありません。

日本人の方はスパルタを選ぶことが多いですが、全体割合としてはスパルタが20%ほど、セミスパルタが80%ほどとなっています。

セミスパルタコースの授業内容をスパルタ化することも可能です($50/月)。

スパルタ


スパルタコースは下記2種類になります。

Intensive

EVのスパルタコースとして有名なIntensive ESLコースのカリキュラムは夜10時まで続きます。授業だけでなく、自習や復習の時間もカリキュラムに含まれているのでしっかりと時間を取りながら学習することが可能です。

IELTS Guarantee

12週間でIELTSの目標点数を目指すプログラム内容となっており、規定の点数を取ることができなかった場合は延長分の授業費用が発生せずに留学を続けることが可能です。

セミスパルタ


セミスパルタコースは下記4種類になります。

ESL Classic

セミスパルタのスケジュールとなるため、スパルタコースと比べると外出規定などがそこまで厳しいわけではないため、バランスを保ちながらの留学が可能です。

資格試験

EVではTOEICとIELTS対策コースを選ぶことができます。最初は通常のコースを受けながら、途中で資格試験コースに移ることもできます。

Power Speaking 6

マンツーマンのスピーキング時間をより多く取りたいという人に適したコースです。

Power Speaking 8

さらにマンツーマンのスピーキングコマ数を増やしたのがSpeaking8コースです。留学期間が短期で限られており、最大限スピーキングに集中したい方に適したコースです。

時間割例(スパルタコース)

時間授業詳細
6:40 ~ 7:30オプショナルクラス参加自由
7:00 - 8:00単語テスト、朝食参加必須
8:00 - 8:50マンツーマン授業
8:55 - 9:45 マンツーマン授業
9:50 - 10:40マンツーマン授業
10:45 - 11:35マンツーマン授業
11:40 - 12:30空きコマ
12:30 - 13:30昼食
13:30 - 14:20グループ授業
14:25 - 15:15グループ授業
15:20 - 16:10グループ授業
16:15 - 17:05グループ授業
17:10 - 18:00オプションクラス参加自由
18:00 - 19:00夕食
19:00 - 20:00文章テスト参加必須
20:00 - 22:00義務自習参加必須

留学費用

(US$)1w2w4w8w12w24w
Intensive-1人部屋9481,4662,1904,2606,33012,540
Intensive-2人部屋8321,2771,9003,6805,46010,800
Intensive-3人部屋8001,2251,8203,5205,22010,320
Intensive-4人部屋7801,1931,7703,4205,07010,020
ESL Classic-1人部屋9281,4332,1404,1606,18012,240
ESL Classic-2人部屋8121,2451,8503,5805,31010,500
ESL Classic-3人部屋7801,1931,7703,4205,07010,020
ESL Classic-4人部屋7601,1601,7203,3204,9209,720
Power6-1人部屋9921,5372,3004,4806,66013,200
Power6-2人部屋8761,3492,0103,9005,79011,460
Power6-3人部屋8441,2971,9303,7405,55010,980
Power6-4人部屋8241,2641,8803,6405,40010,680
Power8-1人部屋1,0441,6222,4304,7407,05013,980
Power8-2人部屋9281,4332,1404,1606,18012,240
Power8-3人部屋8961,3812,0604,0005,94011,760
Power8-4人部屋8761,3492,0103,9005,79011,460
資格試験-1人部屋9801,5182,2704,4206,57013,020
資格試験-2人部屋8641,3291,9803,8405,70011,280
資格試験-3人部屋8321,2771,9003,6805,46010,800
資格試験-4人部屋8121,2451,8503,5805,31010,500
IELTS点数保証-1人部屋----6,96013,800
IELTS点数保証-2人部屋----6,09012,060
IELTS点数保証-3人部屋----5,85011,580
IELTS点数保証-4人部屋----5,70011,280
その他費用  
入学金上記授業費用に含まれています($120)海外送金手数料留学エージェントによって異なります
食事休日含め3食すべて含まれていますビザ更新費用留学期間によって異なるので、詳細はコチラ
SSP
(就学許可証)
6,800ペソ教材費(概算)1,000ペソ~/4週
ACR I-Card
(留学2か月~)
3,500ペソ管理費1,200ペソ/4週
水光熱費(概算)2,000ペソ/4週寮保証金(退寮時に返金)500ペソ/1週
ピックアップ800ペソ(片道)

レビュー投稿

この学校を見た人は、こんな学校も見ています

  1. CG フィリピン セブ: セブ郊外の落ち着いた環境でまじめに学ぶならCG

  2. Stafford House School of English イギリス ロンドン: ショッピングも観光も満喫できる、きめ細かいサポートが魅力の学校

  3. Linguatime リンガタイム マルタ校: 国籍、年代比率のバランスの良いリンガタイム

  4. EC アメリカ ワシントンDC: アメリカの政治の中心地で日本にはない経験を積む

  5. Lexis English オーストラリア パース: 都会の喧騒から少し離れて落ち着いて英語とアクティビティの両立が可能

  6. Sprachcaffe カナダ トロント: トロントの観光名所へのアクセスも良好!ディスカッションやディベートで英会話力が鍛えられる学校